13souls 2nd album GOOD TIMES ( I SAY )が、HMVオンラインニュースに取り上げられました。

2012.7.19 by 13 Souls

13souls 2nd album GOOD TIMES ( I SAY )が、HMVオンラインニュースに取り上げられました。

http://www.hmv.co.jp/en/news/article/1207120090/

back to top

13souls 2nd album GOOD TIMES ( I SAY ), 2012.7.25 発売決定。

2012.5.20 by 13 Souls

13souls 2nd album GOOD TIMES ( I SAY )が、 2012.7.25 に発売決定しました。

back to top

13souls 2nd album GOOD TIMES ( I SAY ) 2012.7.25(wed)発売決定とジャケット解禁!!そしてTOWER RECORDS 新宿インストアライヴ!!

2012.5.20 by 13 Souls

何だか今年の春は寒くて天気の悪い日ばかり、春は一体どこへやら??ようやっと暖かくなって来たと思いきやヒョウが降る始末。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?風邪等ひいていませんか?久しぶりのブログ更新です。

少し前に、こちらのPVと共にお知らせしましたが、13soulsの待望の2nd albumがこの夏発売になります。
 

そして、このトップ画像こそが13soulsの2nd album GOOD TIMES ( I SAY )のジャケットになります!!ドドン!!

どうですか?とても素敵なデザインでしょう??

前回は、下の写真参照、透き通る様なブルー。様々な出来事に渦巻く感情が生んだ『BRAND NEW OCEANS』。とにかくこの仙台から送られて来た美しいブルーを、沢山の人達に見て欲しいと考えました。
このアルバムは、本当に沢山の人達の協力を得まして、とても良い評判を受ける事が出来ました。
感謝の気持ちは、やはり『良い作品を作る事で返したい!!』そんな訳で、今回のジャケットは『ブリリアントなグリーン』。

デザインは同じく仙台のデザインチーム『PILE』。http://piledesign.jp/
新緑の季節にピッタリ。何かこう、未来や希望、再生を感じる色ですよね。

GOOD TIMESと言う言葉は、『古き良き時代』と言う意味を持っていますが、そこにI SAYを加えて、『僕には今しかない!!』と言うのが大意です。

今回のアルバムのコンセプトはずばりニューオリンズ。13soulsの音楽的なルーツに迫ります!!デキシーランドやニューオリンズのセカンドラインから始まり(…のつもりが上記PV、結構ロックンロールな仕上がりww)、NYの地下鉄やストリート、メンフィスやデトロイトを巡ってSOUL MUSICの歴史を紐解いて行く様な、山内洋介のパラレルワールド冒険旅行記であって欲しいと思っています。ニューオリンズと聞いて、ミーターズやスタントムーアに始まるゴリゴリFUNKを期待されると、がっかりされる方も居るかも知れませんが、ニューオリンズは様々な人種が混ざり合ってセカンドラインと呼ばれる特殊な音楽を演奏しています。
そこにはラテンやカリプソ、ブラジリアンなど、様々な人種の音楽が混合しているのです。このアルバムは山内洋介のイマジネーションが作った13soulsと言う一つの物語なのです。

今回のアルバムを聴いて、『ふーん、こいつが13soulsなんだぁ、なるほどなぁ。』なんて、もう一度『BRAND NEW OCEANS』を聴いて貰えたら幸いです。

更に、今回は13souls史上初、フォーンセクションを取り入れたナンバーもあり!!
レコーディングメンバーも本当に素晴らしい方々が集まってくれました!!

Guitar & Bass :山内洋介( 13souls )
Acoustic Guitar : Tsuyo-B ( JAZZ SWINDLE )
Bass : 池田憲一( ROOT SOUL )
Wood Bass : 桐澤輝
Keybord : MAKO-T
Dr : 波田野哲也
Tenor Sax : 栗原健( CENTRAL )
Tp : 島裕介
Tp & Percussion : 西岡ヒデロー( CENTRAL )
Tb : 廣瀬貴雄( JAZZ COLLECTIVE )
Percussion : 松岡”matzz”高廣( quasimode )

近々発表しますが、超豪華初回特典もありますので、是非期待して下さい!!7月25日発売です!!お忘れなく!!予約の開始などは追ってまたお知らせ致します。

さて、ここからライヴのお知らせ。明日、と言うか今日?五月二十日は新宿TOWER RECORDESでインストアライヴがあります。
今回もまたトリオでのライヴですが、ドラマーには前回モーションブルーでご一緒した石川周之助さんのバンド『Uit Nederland』から、福森康くんが参加。若干26歳にして素晴らしいグルーヴを披露してくれます。ダンサー陣もbrorken sportからmiya君とCRYBER君が盛り上げてくれます。miya君は13soulsのPVでもお馴染みですが、CRYBER君もかなりヒップでクレイジー!!

過去にmiya君もCRYBER君も13soulsとJZ Bratで共演してるんです。

僕らは17:30からのステージですが、16:00からはbohemianvoodooがライヴ!!盛り上がるしか無いね!!

こちら詳細。http://tower.jp/store/event/2012/05/055052017309

13soulsの1st album 『BRAND NEW OCEANS』お買い上げの方には2nd albumのPVを差し上げております!!

勿論入場は無料、お待ちしてます!!

see yaah !! 13souls 山内洋介

back to top

憧れのトランぺッター、島裕介氏と、木村イオリ君(bohemianvoodoo)と共演ライヴ!!の巻

2012.2.21 by 13 Souls

今年は正月早々から狂った様に曲をかいてばかりで、年を越したんだか何だか分からないうちに、
家の裏の梅が芽吹きつつある、どうも僕です!!

なんだか目まぐるしい毎日、ふと気がつくと、そういや寒かったなぁ、ちょっと風邪引いたりしたかもなぁ….しかし、春はもうすぐそこ。皆様、どうお過ごしでしょうか?

早速ライヴのお知らせですぞ!!

3月20日の火曜日、確か世間様は祝日でやんすな。学芸大にあるシャレたジャズクラブ
『珈琲美学』でのライヴ。これがまた素晴らしい内容なんですが、兼ねてから憧れていたトランぺッター、島裕介氏 http://www.k5.dion.ne.jp/~ssduo/shima/ のお誘いを頂きまして、ちょいとギターを弾かせて頂きやす。島さんは何度もライヴを拝見させて頂いていまして、そのブルージーかつストレートアヘッドなスタイルに感銘を受けております。ジャズ=ブルーズ!!バンザイ!!


島裕介(Yusuke Shima、シマ ユウスケ)

『トランペット(その他金管楽器), プロデュース, 作編曲

1975年2月12日生まれ。
大阪生まれ,東京育ち。13才からトランペットを吹き始める。
2002年,27歳からプロ活動を開始する。

自身のリーダーユニット”Shima&ShikouDUO”では、
トランペットとピアノというシンプルな編成でありながら、
叙情的・情熱的な演奏が話題となる。FujiRockFestival07′ に出演。
2008年1月 2ndアルバム「Road To The Deep North」を発売。タワーレコードJ-JAZZチャート1位を獲得。
ジャイルス・ピーターソン”WORLDWIDE”でも頻繁にプレイされるなど海外でも評価される。
2009年4月 ビクターより3rdアルバム「Poetry」をメジャーリリース。

2009年からプロデューサー名義”Silent Jazz Case”としても活動をはじめる。
2010年2月にiTunes限定でリリースされたR&B/HIP HOPカヴァーアルバム
「Jazzin’ R&B」は、ジャズアルバムとしては異例のロングヒットを記録する(2010年間総合ランキング40位)。 「2011年版 Jazzin’ R&B」もリリースしてすぐにジャズチャート1位を記録。
1stオリジナルアルバム『Silent Jazz Case』を2010年6月に発売。
レコーディング・エンジニアも自ら行い、国内外で高い評価を得る。

その他、EGO-WRAPPIN’,Saigenji, 畠山美由紀, Bluey(Incognito),
風味堂, 沖仁, オレンジペコー, パリスマッチ,ナイス橋本,さかいゆう,
Art-School, SOFFet, 一青窈, 青木カレン, など、
多くのアーチスト・バンドの国内外ツアー・フェス・レコーディングを行う。
キャリア9年目にして200タイトルを超えるアルバムに参加する。
CM「そうだ京都行こう」2011年秋バージョンでの演奏など、多くのCMレコーディングも行う。

また2011年から「JazzJapan」(元スイングジャーナル誌)でジャズトランペットの魅力を伝えるべく連載スタート。
クリエイティブな毎日を送り続ける。』

世に有名な『そうだ、京都へ行こう。』島さんのトランペットが堪らなくCOOL!!

ワタクシ、トランペットに関して非常に憧れがあるんですが、そこら辺り、新作のファンキーブルーズでベールを脱がさせて頂きますのでお楽しみに☆

更には去年色々と友好のあったbohemiannvoodooのピアニスト、木村イオリ君http://kimuraiori.blog.shinobi.jp/ ともご一緒と言う
事で、ワタクシ少々鼻息が荒くなっておりますぞい!!


木村イオリ kimura iori

『青森県出身。

2010年9月、自身のバンド「bohemianvoodoo」でデビューアルバム「Lapis Lazuli」をリリース。
島 裕介(silent jazz cace)、ナイス橋本、加護亜依、狩野丈二(i-dep)、青木カレン、松岡”matzz” 高廣(quasimode)、kubota(JiLL-Decoy association)、秋田ゴールドマン(SOIL&”PIMP”SESSIONS)などのアーティストと競演をし、同時に島 裕介(silent jazz cace)、ナイス橋本、青木カレンをはじめ、多数のアルバムレコーディングにも参加。
各方面からメロディーセンスと類いまれなる才能を高く評価され、それを惜しみなく発揮する実力派ピアニストとして、現在もJazz、Hip Hop を始めとした様々なジャンルのライブやレコーディング活動を行っている。』

島さんとイオリ君のDUOが素晴らしいすね☆

それでもってワタクシ、13soulsこと山内洋介、オン、ギター!!

13souls 

『鳥のさえずりの如く歌うことを信条とし、海とサーフィンを愛する湘南生まれの
ギタリスト、山内 洋介の呼びかけにより集まったファンキーでソウルフルな生音
集団!! クールな楽曲にハートフルなステージのギャップには定評がある。現在
のオリジナルメンバーは山内 洋介一人で、常に場面に適した人選、流動的なチー
ムで活動している。 

2009.08.15 Peanuts Productionから発売の初の7インチをリリース。origami PRODUCTIONのmabanuaが13soulsのオリジナル曲、「SHADESOF BLUE」で自ら叩いたドラムや13soulsのギターを中心に独特の感覚でサンプリングした「get high」。無名のアーティストのリリースであったが湘南の海を彷彿させるブリージンなサウンドが全国のクラブDJ達に共感を呼び異例のヒット。 

2010年の6月、13soulsの2枚目の7インチをリリース。今回はROOT SOUL
池田憲一氏をベースに迎え、ドラムは引き続きmabanua(origami)、キーボードも
前回同様MAKO-T。アルグリーンの名曲「LET’S STAY TOGETHER」を収録した「The man who is called13souls」。wax poetix 09 (ジミヘン表紙号)に13soulsのインタビュー特集が掲載され、DJ MURO氏の耳に届き、「DJ MURO MIX SHOW NIGHT CHANNEL issue 02」に収録され 発売から二週間で完売。 

2011.07.20 Motion Blue yokohamaにて、13souls の1st ALBUM『BRAND NEW OCEANS』のワンマン、リリースパーティが開催。1st setから入場制限、立ち見が出るほどの大盛況で、多くの観客を魅了した。
同アルバムは音楽誌『 FLOOR net 』主催のFLOOR net MUSIC AWARD 2011 にて、「渋谷TSUTAYAが選ぶ、2011 ベスト•ディスク」に選ばれる。

正に13soulsの存在そのものが現代のレアグルーヴと言えよう。今、最も注目すべきアーティストの一人である事に間違いはない。』 

こちら13soulsの一番新しいライヴ動画、GAGLEの皆さんと福島にて『うぶこえ』セッションさせて
頂きました!!

素晴らしく豪華な顔ぶれに混ぜて頂いて、それぞれのオリジナルやスタンダードを織り交ぜた楽しすぎる内容です!!沢山のご来場お待ちしております!!

see yah!! 13souls 山内洋介

http://www.jazz.co.jp/LiveSpot/coffeebigaku_schedule.html?num=1

島裕介 with 木村イオリ(bohemianvoodoo), 山内洋介(13souls)
島裕介 (tp) 木村イオリ (p) 山内洋介 (g)                                                   作曲家、アレンジャー、演奏家、プロデューサー、そしてライターとして超多忙な島裕介が、またまた面白い企画をしてくれました。“ ライブ&ジャズ談義 ” それぞれのオリジナル曲、ジャズスタンダード曲を島裕介、木村イオリ、山内洋介の演奏で盛り上がり、JazzJapan連載の「島裕介のトランペットが聴きたい」で紹介したアルバムを流しつつ、トークでジャズ談義♪ 楽しいこと間違いなし!ご一緒しましょ!!
MC¥2500+ご飲食代
Open18:00 1st19:00 / 2nd20:30 
※祝日の為30分早いスタートです

back to top

ありがとうの2011。そしてこれから始まる2012…..

2012.1.1 by 13 Souls

さて、激動の2011も終わり2012がスタートしました。皆様、明けましておめでとうございます。僕は久しぶりの湘南海岸を散歩し、都会の喧噪を離れ、今こうしてブログを書いています。今年は僕もようやっと13soulsの1st Album『BRAND NEW OCEANS』をリリースさせる事が出来、充実な一年かと思う反面、本当に色々な壁にぶちあたり、苦しむ事も多かった様な気がします。

2011.3.11….この日本中を震撼させた大震災を僕たちは生涯忘れる事が出来ません。13soulsのアルバム収録を終え、ミックス段階に入り、プロモーションビデオ撮影段階で、あの恐ろしい地震がありました。
『正直アルバムどころじゃあないな….』そう思って諦めていましたが、仙台に拠点を置くデザインチーム『PILE』から一枚のジャケットが送られて来ました。白いキャンバスに絵の具で力強く、画面一杯に塗られた真っ青な海を連想させるそのジャケットに僕は強く揺さぶられました。

全てを一瞬にして飲み込む恐ろしい海….しかし、誰もが一つや二つ、大切な思い出を秘めているだろう美しい海。僕にとっては波はなくとも浸かっているだけで嫌な事全て忘れさせてくれる大きな海。

そして、福島に住む友人からの『13soulsの新曲が早く聴きたい。』そんな言葉を胸に、
『やっぱり僕は美しい音楽をつくるしかない!!』
そう決心して完成された13souls 1st album『BRAND NEW OCEANS』は新宿、渋谷のTOWER RECORDS 、TSUTAYA 、HMV 、VILLAGE VANGUARDを中心に各所で話題となり、多くのレコードショップが『13souls BLUE』で一杯になりました。僕はこの仙台から送られて来た美しいブルーを、
沢山の人達に見て貰いたかったんです。

アルバムリリースが決まり、連日畳み掛ける様なライヴ三昧。全てが僕にとって財産ですが、youtubeにアップされた動画を中心に綴っていくと、アルバムリリース直前のLIVE @DESTINATIONや、大型台風にも負けず200人もの人達が集まってくれ、1st から入場規制、最後は怒濤のスタンディングオベーション、LIVE @ Motion Blue yokohama….
bohemianvoodooとの共同企画LIVE @ DOUBLE DOORS…..@音ノ源etc

そしてライヴが終わると『CD買います!サイン下さい!』そんなお客さんと一緒に写真を撮るのも堪らなく幸せな瞬間でした。

僕はずっと、JAZZやBLUES、SOUL、ゴスペルなどBLACK MUSICに憧れ、いつかは
『ソウルシンガーの様にギターで歌いたい。』そんな気持ちでギターを手に取りました。

僕自身落ち込む時はいつも音楽を聴いて元気を取り戻していたし、僕にとって音楽は救いでした。
果たして僕の作った13soulsは、MUSICとして聴く人を元気にする事が出来るのか?
先日福島で行われたGAGLEの皆さんとのチャリティーソング『うぶこえ』コラボライヴは、何か大きな答えを導き出してくれた瞬間であったと思います。僕は、まだまだ無名だった13soulsを応援してくれた福島の人達を、僕のギターで少しでも元気にしたかった…..呼んでくれたm-rockや福島の皆さんに感謝の気持ちを伝えたかった。思い出すと、何かこう、涙が溢れてくるんですね。

様々な出逢いやライヴ、嬉しかった事、悔しかった事を繰り返し、喜んだり悲しんだり…..
毎日夢中で、飛ぶ様に過ぎて行った2011。最後はとても嬉しいお知らせを受け取りました。

雑誌『FLOOR net』に掲載されたFLOOR net MUSIC AWARD 2011 VOL.1

渋谷TSUTAYAが選ぶ2011年ベストディスクの三枚に選ばれたんです!!

これはもう、『僕に期待をして応援して下さった方々の気持ちに答えたい!!』
ただ誠実に努力してきた結果だと、固く信じております。まだまだ小さな光ではありますが、13soulsと一緒に音楽を通じて素晴らしい一日を作って行こうと、協力をして下さる方が増えて来て
いるのを強く感じています。それはやがて大きな光となって、希望を強く照らし出して行くに違いないと信じています。僕の旅はまだまだ始まったばかり。これからも、もっともっと沢山の笑顔に出逢えます様に….どんな辛く困難な道でも、笑顔さえあれば!!そう思って一層努力して行きますので、
2012年、13soulsのsecond lineとも言うべき2ndステージを応援して下さる様宜しくお願い致します!!そして何より皆様にとって、健康で素晴らしい一年になります様に!!

see yah!! 13souls 山内洋介

back to top